神流トレイル
(神流マウンテンラン&ウォーク)

平成26年11月9日
(曇りのち小雨)

【コース:スーパーペアクラス】
コイコイ橋〜森戸集落〜小平集落〜坂丸峠〜父不見山〜杉ノ峠〜生利集落〜
万場町並〜奴郷平〜桐ノ城〜西御荷鉾山〜秋葉峠〜塩沢峠〜みかぼ森林公園管理棟〜
赤久縄山麓〜白髪山〜持倉集落〜安取峠〜千軒山〜城山〜黒田集落〜万場中心市街地
距離:51.6キロ
記録:7時間58分12秒
順位:11位/60組

町民総参加でおもてなししてくれるこの大会は超人気の大会で参加するには抽選に当選しな
ければならない。カテゴリーはスーパーシングル(50k)、スーパーペア(50k)、メインレースの
ロング(40k)、そしてミドル(27k)があるが、当選する確率が高いのは何か予想してみた。
メインレースのロングは一番激戦?トレイル人気で初心者が多く申し込むであろうミドルも激戦?
そこで意外とスーパーペアが穴場かもしれないと予想した。で、相方は誰にしよう!?申し訳ない
けど、やっちゃんやChiakiさんと組むと関門に引っかかり完走できないかもしれないので諦めた。
ということで、飲み友達でいつも練習しているChinoさんを相方として男同士のペアで申し込んだ

予想が的中したのか見事当選!ただ、仙台から申し込んだ知り合いは全員当選したようでしたが。
大会前日、仙台を7時に出発し、ブッ飛ばして行ったせいもあるが12時前に神流に到着した(>_<)
とりあえず、サウルス君と予約していたお弁当を本日2本目の缶ビールを飲みながら食べた(笑)
その後、暇を持て余したので地元の方がおススメの御荷鉾山へドライブに行くことにした。ところが、
御荷鉾山までの道路は狭く急な坂道!一部、明日のコースになっていることを知りビビる((+_+))
15時からは鏑木選手のトレランクリニックに参加。春夫が印象に残ったのは@神流町の人口が
昨年の2200人で今年は100人減って2100人となったこと。Aこのコースはもの悲しい感じで
鏑木さんが群馬県庁職員時代に悩んで、人生を見つめ直しながら走ったコースだったことです。
そして、16時半からはお待ちかねのウェルカムパーティー!地元の料理と地酒(竹酒)、そして
神流の皆さんのおもてなしに大満足しエンジン全開!その乗りで民泊の部屋で二次会でした(>_<)
レースは相方とゆっくり走りエードはもちろん全制覇するファンランすることで一致していたので、
スタートは後方から。スタートは薄暗かったのでヘッドライトをつけていたがすぐに必要なくなり
リュックに収めようとしたら意外と手間どり、ますます後方に。狭い道に入ったら今後は渋滞だ!
ファンランとはいえ渋滞でのロスタイムはもったいないので、前方からスタートすべきだった(T_T)
その後、4キロ地点付近を走っていたら、左ふくらはぎに激痛が走った!ふくらはぎを見ると
黒い蜂がくっついているので払いのけたが瞬時に4発刺された!我々の前後の選手のほとんど
刺され、相方も春夫と同じく4発やられてしまった!痛いしどうしようかと思っていたら、近くに
ポイズンリムーバーを持ったスタッフがいたので吸ってもらった。相方は自分で携行していたので
自分でシュッパシュッパと毒抜きしていた。ということで、また大きなロスタイムとなってしまった!
そんなアクシデントはあったが、その後は人生を見つめ直しながら順調に走ることができた(笑)
30キロ地点あたりを走っている時、普段の春夫なら「あと20キロも残っている!」と思うのだが、
意外にも今回は「あと20キロしか走れないんだ!」と思えたのです!そして、途中一緒に走った
ランナーからこのペースなら8時間ちょいでゴールできるよ!と言われ、今までファンランしていた
我々は「じゃ、8時間を切ってゴールしよう!」とスイッチが入ってしまった!とは言え、持倉地区では
名物の蕎麦をゆっくり2杯も堪能したし、景色を楽しむゆとりは捨てないでそれなり頑張りました!
万場の町に戻ってきて、サブ8は確実かなと思っていたら、最後またエードがあるじゃないか!
「寄ってらっしゃい!」との声に、今回は全エードを制覇するのが目的だったし、もちろん立ち寄る。
芋でんがくを食べたり写真を撮っていたら長居をしてしまった!サブ8まで時間がないので慌てて
走りだし感動のゴール!(ペアなんで手をつないで・・)記録は7時間58分12秒とギリギリでした!
ちなみに、この記録はスーパーシングルだと年代別3位入賞でしたがカテゴリーが違うので仕方ない。
ともあれ、初めてペアというカテゴリーを経験し、一人だったらくじけて歩くだろうなというような坂も
走れたし、いろんな意味で楽しさも2倍でした。一緒に走ったランナーからは「ナイスペアでした!」と
言われ、嬉しかったけど変な意味じゃないよね(笑)走力では俺より上の相方の足を引っ張ったかも
しれないけど、文句も言わず一緒の走ってくれた相棒に感謝です!いい思い出になりました(^_^)/~
そして、帰りの車を一人で運転してくれたChiakiさんにも感謝です。おかげでビール飲めました♪

道の駅おにしでトイレ休憩 サウルス君とビールで乾杯! 幕の内弁当(700円)お茶付き
Chiakiさんは整体中 西御荷鉾山までドライブしました 駐車場からの眺望
とんでもなく急で狭い道路でした! 15時からトレランクリニックに参加 大会プロデューサーの鏑木毅選手
明日のコースを説明してくれました 明日は絶対ここにゴールするぞ! 16時半からウェルカムパーティ
乾杯!さあ飲むぞ!! 美味しい手作り料理がいっぱい♪ あゆの開きと塩焼き 絶品でした!
はい、これが名物の竹酒です♪ Kurokiさんから注いでもらってます お返しにどうぞとChinoさん
Chiakiさん竹酒を放しません(笑) え〜い、春夫は一気飲みだ! Watanabeさん夫妻
Tonosakiさんに挨拶 229さんチーム チーム東北
有力選手の紹介 地元のおばちゃんと これ、マジ美味しかった♪
鏑木選手にサインしてもらいました♪ スタッフの皆さん、ご苦労様です 元警察官の歌で大盛り上がり
アンコール中です!! 万歳三唱でお開きです 最後に全員で記念撮影
竹酒をお土産でいただきました♪ 入浴施設に移動中 なんと露天風呂までありました!
民泊先でまたまた宴会 手作りこんにゃく、ごちそうさま この家の御主人と記念撮影
翌日、4時50分出発 スタート地点へ電飾された橋を渡って 相方Chinoさん、楽しんで走ろうね♪
まだ暗い朝6時スタートです! 蜂にやられポイズンリムーバー中 相方も4発やられました(T_T)
最初のピーク「ててみず山」1047m 万場の町に戻ってきました 第1エード
かりんとう、美味しかった♪ 相方はここでやらせ走りです(笑) 一旦、スタート地点に戻って
温かい声援がウレシイ♪ あれがさっき登った父不見山で〜す 梅干でクエン酸を補給して
この坂は走れません(>_<) 人生を見つめ直している相方(笑) Tonosakiさんに追いつきました!
岩場は慎重に! 無事完走を祈願しました 第2エード 中央登山口
スタッフの皆さん、お疲れさまです 晴れていたら絶景なのにな〜 西みかぼ山に到着
ここでスタンプを押して 私設エードの皆さん 右上のおにぎりが美味しかった♪
味噌汁と漬物もいただきました 紅葉に癒されます(^O^) 相方に逆走させてやらせ走り(笑)
もいこさんに追いつきました! なんとも幻想的な風景ですね! 第3エード Kumeさんと一緒に
Matsuzakiさん 疲労をしっかり抱きしめて! またまた急な上り坂です(>_<)
ミリタリーオタクが集結していました Kurozumiさん(中央)と 春夫の大好きなビール(^_^)/~
ほんとうですか?? 可愛かったんで一緒に撮りました(笑) 第4エード 持倉集落に到着
どう見ても女性ですよね? 「お蕎麦どうぞ」「はい、いただきま〜す」 美味しかった♪2杯いただきました!
花豆も美味しかったです(^O^) 可愛い応援に元気をもらいました♪ 晩秋の持倉集落
私設エード みかんをいただきました 疲れがすっ飛ぶ紅葉でした! ミドルのKurokiさんに追い付きました
第5エード 安取峠 らっきょうもサッパリして美味しかった♪ なべそうさんに会いました!
また登るんでか!!! ようやく山から開放です! 「寄ってらしゃ〜い」と呼び止められて
芋でんがく、おいしゅうございました♪ 万場の町に戻ってきました! ヤッター!ゴールです!!
相方、お疲れさまでした! 途中ずっと一緒だったペアと Morozumiさん&Hirataさん、お世話様
Takaishi君はSシングルで年代別1位 走った後のビールは最高!♪ 参加賞と完走タオル